資格をとって人気の医療事務の仕事をしよう!

勉強

気になる医療事務の仕事内容

今、女性から大人気の医療事務。医療事務は通常の一般事務とは異なり、医療に関しての専門知識がある医療現場専門の事務員です。医療事務は今女性を中心に大人気の資格となっています。カルテの管理からカルテの内容を見て今日の診察内容を把握し、点数計算をして診療報酬明細書を作成、それにあった金額を患者さんへ掲示します。カルテの中には患者さんのこれまでの治療歴、治療内容や処方された薬の内容が書かれています。この薬の内容も把握し、処方箋を作成するのも医療事務の仕事内容です。

女性

医療事務の仕事に就くなら資格をとろう

女性に大人気の医療事務の仕事に就きたいなら、専門の知識を習得し試験に合格をする必要があります。専門知識を身に着けるには通常は専門学校へ通い、知識を身に付けます。しかし、仕事や育児で学校へ通うことが難しい人もいます。そんな人の為に自宅で学習ができるサービスが通信講座です。通信講座の最大の魅力は、いつでも好きな時に学習を進められるということです。通信講座では、自宅で受験ができるようなサポートをしているものもあるので、会場へ行けないという人も自宅で受験ができるので便利です。

医療事務が人気の理由

勉強する人

雇用形態が様々

医療事務は正社員だけではありません。パートやアルバイトに派遣など、様々な雇用形態を選ぶことが出来ます。育児と仕事を両立させることができるのも最大の魅力で、お子様の都合で勤務を選ぶことが出来るのも、医療事務ならではの魅力です。

日本全国どこでも働ける

医療事務の勤務先は病院です。日本から病院が無くならない限り、全国どこでも働けます。転勤先でも就職しやすく、一生ものの資格なので、働き先にも困ることは少ないでしょう。雇用形態も様々なので、自分の都合に合わせて雇用形態を選べます。

休みが安定している

医療事務は医療機関で働くため、休みが安定しています。日曜祝日が休みだったり、平日が休みだったり休みは病院によって異なります。ですが、お盆や夏季、冬季休暇などの長期休暇もしっかりと確保できるので、仕事と家庭を両立できます。

残業が少ない

医療事務の魅力は残業が少ないということです。よほど患者さんが病院へ押し寄せてこない限りは、基本的に残業はないので定時で帰ることができます。残業があるか、残業が少ないかのどちらかですので働きやすく、その後すぐ保育園へ迎えに行くことが出来ます。

働いてから身につけるべきスキルとは

働いてから身に着けるスキルは、カルテの整理方法や実際に現場へ入って点数計算の方法や処方箋の出し方、カルテの見方から一通りの流れを学ぶことが出来ます。授業では学べなかった現場での流れを実際に働いてから経験することが出来ます。